露が連行の漁船 罰金納付し帰港

国後へ連行の漁船、根室に帰港 罰金12万円を納付

共同通信

 【モスクワ共同】ロシア当局が解放した北海道根室市の歯舞漁協所属のマダラ底はえ縄漁船「第68翔洋丸」が20日夕、根室の花咲港に帰港した。ロシアの司法関係者によると、国後島の裁判所は同日、船長に対し罰金約6万8千ルーブル(約12万2千円)の支払いを命じた。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る