文字サイズ

東急社員 計70件の遺失物着服

東急社員、遺失物着服70件 被害額43万円、持ち主装い

 東急電鉄は28日、東横線中目黒駅の男性社員(29)が昨年2月以降、遺失物として届けられたIC乗車券や現金の着服を計70件繰り返していたと明らかにした。被害額は約43万5千円に上る。男性社員は持ち主に成り済まして不正に返還手続きをしており、同社は「システムやルールに問題があった」として対策を検討する。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る