文字サイズ

2歳男児死亡 医師5人の過失認定

男児死亡、医師5人の過失認定 鎮静剤投与、東京女子医大

共同通信

 東京女子医大病院(東京都新宿区)で2014年2月、鎮静剤プロポフォールを投与された後に死亡した男児の孝祐ちゃん=当時(2)=の両親が、主治医や麻酔科医ら計7人に総額1億8千万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は24日、うち5人の医師に過失があり、計約6千万円を賠償する義務を負うと認めた。病院側が既に弁済しているとして、両親の請求は棄却した。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る