文字サイズ

7月に第5波到来か 専門家が警鐘

ビール消費量が増える夏、コロナ「第5波」が到来か? 大阪の専門家が指摘する酒類の出荷量と感染者数の相似

47リポーターズ

 新型コロナウイルスの変異株が猛威を振るい、3月からの第4波で全国でも突出した新規感染者数が出た大阪府。6月20日に緊急事態宣言は解除され「まん延防止等重点措置」に移行し、現在は100人前後と小康状態だ。府の専門家会議座長を務める朝野和典・大阪健康安全基盤研究所理事長は、感染者数の増減が酒類の出荷量の推移と似ていることを指摘する。飲酒自体が流行の直接の原因ではないが、十分な対策をしないとしぶきを伴う会話が増え、感染拡大につながる。朝野氏は、ビール消費量が多くなる今夏に「第5波」が到来すると警鐘を鳴らす。(共同通信=三村泰揮)

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る