文字サイズ

観光船落下、帯2本切れる 再つり上げ無人機で作業へ

北海道斜里町沖の作業船「海進」=24日午後0時36分(共同通信社ヘリから)
北海道斜里町沖の作業船「海進」=24日午後0時36分(共同通信社ヘリから)

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZU 1(カズワン)」が沈没した事故で、海上保安庁は24日、えい航中に落下したカズワンにかけられていたナイロン製の帯「スリング」5本のうち、船尾付近の2本が切れていたと明らかにした。周辺の海域は当時、潮の流れが速かった。船体は水深182メートルの海底に沈んでおり、無人潜水機を使ってスリングを船体に再度取り付け、26日につり上げる。25日から準備作業を始める。

 水中カメラによる調査の結果、船底を下にした状態で、船首付近の手すりが外れていた。スリングは摩擦に弱く、海保は船体とこすれて切れた可能性もあるとしている。

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る