文字サイズ

重体の県議死去 民家で住民発見

民家の車庫にもたれかかった状態で発見、重体の辻一憲・福井県議が死去

福井新聞

 意識不明の重体が続いていた福井県議の辻一憲さん(56)=福井県越前市宮谷町=が9月26日午後8時46分、同市内の病院で死去した。県議会局が27日発表した。
 2015年に越前市・今立郡・南条郡区から県議に初当選。現在2期目の任期途中だった。県会の第2会派「民主・みらい」に所属し、今年3月から会長を務めていた。
 関係者によると19日午後9時40分ごろ、辻さんが同市上真柄町の民家の車庫にもたれかかるように座っているのを住民が発見。病院に搬送されたが、意識不明の重体が続いていた。

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る