文字サイズ

警護要則、30年ぶり改正へ SP研修拡充、来週公表

共同通信
共同通信

 安倍晋三元首相が奈良市で街頭演説中に銃撃され死亡した事件で、警察庁が警護態勢の不備を踏まえ「警護要則」を約30年ぶりに改正する方針を固めたことが19日、警察関係者への取材で分かった。警護計画の事前チェックなど関与を強める。警護担当者の研修拡充やSP(警護官)増員も検討。警察庁は検証・見直し作業の結果を来週にも取りまとめ、公表する見通しだ。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る