文字サイズ

土石流、熱海市長を告訴・告発 遺族「盛り土危険除去せず」

共同通信
共同通信

 昨年7月の静岡県熱海市での大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人は16日、同市の斉藤栄市長(59)への業務上過失致死容疑での告訴・告発状を熱海署に提出した。崩落の起点となった土地で違法な盛り土造成が続いていると認識していたのに危険を除去しなかった上、被災当日も下流の住民を避難させる業務上の注意義務を怠り、27人を死亡させたとしている。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る