文字サイズ

福島・大熊、復興拠点で避難解除 第1原発の立地自治体で初

福島県大熊町の特定復興再生拠点区域。家屋の解体作業が進み更地が広がる=25日(小型無人機から)
福島県大熊町の特定復興再生拠点区域。家屋の解体作業が進み更地が広がる=25日(小型無人機から)

 2011年3月に重大事故を起こした東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)周辺の帰還困難区域のうち、大熊町の特定復興再生拠点区域(復興拠点)は30日午前9時、避難指示が解除された。放射線量が高く、将来にわたり居住を制限するとされた帰還困難区域で、住民が暮らせるようになるのは12日の葛尾村に続き2例目で、第1原発が立地する自治体では初めて。帰還促進には住宅確保や産業再生が課題となる。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る