文字サイズ

電波割り当てに競売導入へ 政府、現行審査と併用

共同通信
共同通信

 政府が、電波の利用権をより高い金額を示した事業者に割り当てる「オークション(競売)方式」を導入する見通しとなったことが27日、分かった。大容量のデータをやりとりできる高周波数帯を対象に、現行の審査方式と併用する仕組みを想定。競売方式は割り当て手続きの透明性を高め、周波数の有効利用につながるとされる。総務省が近く、落札額の高騰防止を含めた制度設計に着手するとみられる。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る