文字サイズ

「蓮舫」「辻元」「小川」にフラれて多難な船出 内閣支持率急落でも「立民」に復活の兆しなし

泉代表を支える新執行部には「先祖返り」「昔の名前」の声
泉代表を支える新執行部には「先祖返り」「昔の名前」の声

「“党が危機だ”っていう人に、いざ仕事を頼んでみると肩透かしを食らう」

 周囲にそう嘆くのは、立憲民主党の泉健太代表(48)だ。7月の参院選での惨敗を受けて、8月末に新執行部の発足を宣言。が、そこには岡田克也幹事長(69)をはじめ、安住淳国対委員長(60)、長妻昭政調会長(62)ら重鎮がズラリ。「野党としての普通の攻撃力を取り戻した」(立民閣僚経験者)との声から「まるで“昔の名前で出ています”だ」(自民党幹部)といった揶揄も。こうなった最大の理由は、泉氏が岡田幹事長と練り上げた人事構想が、ことごとく暗礁に乗り上げたからだ。【政治ジャーナリスト/青山和弘】(「週刊新潮」2022年9月22日号に掲載した記事を加筆・再構成しています)

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る