文字サイズ

地方公共団体グリーン購入進まず

「大変憂慮すべき」。地方公共団体「グリーン購入」の現在地

ニュースイッチ

実践にバラつき、3割は0点

グリーン購入ネットワーク(梅田靖会長=東京大学教授)が地方公共団体による2020年の環境配慮商品の調達を評価したところ、5団体が満点(100点)を獲得した。横浜市は4年連続、大阪府と長崎県は3年連続、神奈川県秦野市は2年連続、熊本県は2年ぶりに満点だった。一方で全国平均は19・2点と低調。全体の29%に当たる518団体は0点となっており、梅田会長は「大変憂慮すべき状況」と厳しい見方を示した。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る