文字サイズ

小渕優子・選対委員長は次の党役員人事で真っ先にクビに…ロクな仕事もできず「自民党のおごりを象徴するような人事だった」

小渕優子氏
小渕優子氏

自民、またまた選挙で敗北──。6月9日に投開票された栃木県鹿沼市長選では、無所属新人で、立憲民主党県連幹事長を務めた元県議の松井正一氏(58)が当選。同じく無所属新人で自民・公明両党が推薦した元県議会議長の小林幹夫氏(70)は落選した。栃木県は自民党の候補が強く、“保守王国”と呼ばれてきた。担当記者が言う。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る