元号懇候補に司馬氏ら 昭和後期

元号懇候補に司馬遼太郎氏 昭和後期、井伏鱒二氏も

共同通信

 政府が、昭和天皇が亡くなる約4年半前の1984年6月、改元準備のため、先に明らかになった芥川賞作家の井上靖氏ら6人の新元号考案者候補のリスト化と同時に、新元号について意見を聞く有識者懇談会メンバー候補21人も選定していたことが17日、国立公文書館が共同通信に開示した文書で分かった。いずれも直木賞作家の司馬遼太郎、井伏鱒二、城山三郎各氏ら文化人が多数含まれていた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索