政府 4千人目標に障害者雇用へ

政府、障害者採用で4千人目標 来年2月に初の統一筆記試験

共同通信

 中央省庁の障害者雇用水増し問題を受け、政府が検討している雇用拡大方針が18日、分かった。常勤雇用については人事院が障害者対象として初めての統一筆記試験を2019年2月ごろ実施するほか、非常勤を含め、必要な省庁ごとに人材を募集する。合わせて約4千人を19年中に採用し、法定雇用率を満たす目標を掲げる見通しだ。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-