文字サイズ
× 閉じる

硫黄島で日米が合同慰霊式

硫黄島で日米が合同慰霊式 「戦争は凶器と語り継ぐ」

共同通信

 太平洋戦争末期の激戦地・硫黄島(東京都小笠原村)で24日、日米合同の慰霊式が開かれた。21回目。コロナ感染予防のため規模を大幅に縮小して行われた。日本側の遺族でつくる硫黄島協会の寺本鉄朗会長は戦後75年が経過したことに触れ「悲惨な戦いを二度と繰り返さぬよう、戦争は人類の不幸を招く凶器であることを後世に語り継ぐ責任と義務がある」と訴えた。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る