文字サイズ

1票の格差 一極集中で改善に限界

「1票の格差」2倍超の衆院 東京一極集中で改善に限界

2017年の衆院選は小選挙区比例代表並立制になって初めて1票の格差が2倍未満になった政権を選ぶ衆院総選挙が4年ぶりに行われます。衆院選のたびに問題になるのが、選挙区ごとの人口の違いによって投票価値の平等が損なわれる「1票の格差」です。司法は最大格差が2倍未満になるよう政治に対応を促してきました。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る