文字サイズ

首相、先制攻撃への歯止め明示 専守防衛「これからも変わらず」

共同通信
共同通信

 岸田文雄首相は30日の参院予算委員会で、政府が検討する反撃能力(敵基地攻撃能力)の保有に関し「先制攻撃は国際法違反であり、あってはならない。それをしっかりと明らかにできる制度を作りたい」と述べ、年末に予定する国家安全保障戦略の改定などで歯止めを明示したいと表明した。専守防衛は憲法に基づく重要な姿勢だとして「これからも変わることはない」と強調した。

続きを読む
dmenuニュースアプリダウンロードバナー
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る