文字サイズ

菅氏、政策実現へ地方視察 存在感発揮懸命の声も

共同通信
共同通信

 自民党の菅義偉前首相は18日、山梨県を訪れ、アジアへの輸出を進めるブドウ農家、県や東京電力などが開発を進める水素製造装置を視察した。首相在任中に掲げた、2030年までの農林水産物・食品輸出額5兆円、50年の脱炭素社会実現といった政策を後押しする狙い。岸田政権下で非主流派となっており、「存在感発揮に懸命」(党幹部)との声も出ている。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る