文字サイズ
× 閉じる

急増地域への往来自粛を 分科会

急増地域への往来自粛を提言 分科会、改善なければ緊急事態も

共同通信

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は25日、地域の感染状況が、分科会の基準で上から2番目のステージ3(感染急増)相当の対策が必要な地域への往来を今後3週間、なるべく控えるように求める政府への提言をまとめた。酒類を提供する飲食店の営業時間短縮も早急に検討するべきだとしている。「Go To トラベル」事業で感染が拡大している地域からの出発分も一時停止するよう検討することも求めた。

 西村康稔経済再生担当相は記者会見で、今後3週間で感染増加を抑えられなければ「緊急事態宣言が視野に入ってくる」と危機感を示した。

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る