文字サイズ
× 閉じる

首都圏自治体 ワクチンへの課題

東京・千葉・横浜・さいたま...ワクチン接種準備に奔走する自治体の危機感

ニュースイッチ

緊急事態宣言下の首都圏

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、国内でワクチン接種の準備が進んでいる。政府は米製薬大手ファイザーとワクチン供給で正式契約を結ぶなど、全体で3億1000万回分のワクチンを確保する見込み。一方、実際に接種を実施する市町村では場所や機材の確保など体制づくりに追われている。安全かつ速やかな接種に向け、首都圏の自治体の取り組みを追った。(横浜・八家宏太、さいたま・阿部未沙子、渋谷拓海、市野創士、編集委員・米今真一郎)

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る