文字サイズ

上限超え残業、4万人 自治体職員、コロナ第4波影響

総務省(中央合同庁舎2号館)=東京都千代田区
総務省(中央合同庁舎2号館)=東京都千代田区

 新型コロナウイルス「第4波」が本格化した昨年4月、時間外勤務の上限を超えて働いた自治体職員は、全国で約4万7千人だったことが25日までの総務省調査で分かった。うち約1万2千人は主な業務がコロナ対応だった。医師面接の対象になったのに、忙しすぎて受けられなかった職員が多数いたことも分かり、労働環境改善を求めた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る