文字サイズ

反撃能力保有、12月2日に合意 自公「自衛権行使の一環」

共同通信
共同通信

 自民、公明両党は、相手国領域内でミサイル発射を阻止する反撃能力(敵基地攻撃能力)保有について、12月2日の実務者会合で合意する見通しとなった。30日の実務者会合で論点整理を終了し、党内手続きに入ると確認した。関係者が明らかにした。両党は、自衛権行使の一環であり、国際法違反の先制攻撃に当たらないと整理した。戦後安全保障政策の根幹である専守防衛との整合性が問われることになる。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る