文字サイズ

衆院選新人候補は549人 過去最少

衆院選、新人候補は549人 現行制度で過去最少

 今回の衆院選に立候補した新人は549人で、前回より81人減った。小選挙区比例代表並立制が導入された1996年以降、最も少なかった。立憲民主党や共産党などの野党が210超の小選挙区で候補を一本化した影響とみられる。全候補者に占める割合は52.2%で、前回より1.2ポイント低下した。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る