文字サイズ

首相「就任後決断の連続だった」 衆院解散やコロナ対策挙げ

 岸田文雄首相は1日放送のBSテレ東番組で、4日に岸田政権発足から1年を迎えるのを前に「本当に決断の連続だった」と振り返った。「大きな決断」の例として就任直後に衆院解散・総選挙を断行したことや、新型コロナの水際対策、ウクライナ危機に伴う対ロシア政策転換を挙げた。反対論が湧き起こった安倍晋三元首相の国葬実施や、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題には触れなかった。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る