文字サイズ

日米首脳、抑止力向上で一致 ミサイル「平和への挑戦」

共同通信
共同通信

 岸田文雄首相は4日、バイデン米大統領と電話で会談し、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、日米同盟のさらなる抑止力向上で一致した。国際社会の平和と安定への重大な挑戦だとの認識を共有し非難。政府は敵基地攻撃能力(反撃能力)保有を含む防衛力の抜本的強化へ議論を加速させる。林芳正外相は米韓両国の外相と個別に電話会談し、ミサイル発射を強く批判。日米韓の結束を示す狙いだ。浜田靖一防衛相も米国防長官と電話で協議。自衛隊と米軍は共同訓練を実施した。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る