文字サイズ

寄付勧誘時の配慮義務を検討 被害者救済新法、意思抑圧巡り

共同通信
共同通信

 岸田文雄首相は28日の衆院予算委員会で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)問題を巡る被害者救済新法に関し、法人が寄付を勧誘する際の配慮義務を規定する方向で検討していると明らかにした。自由な意思を抑圧し、適切に判断できない状況に陥らせないなどの内容。首相は配慮義務に反した場合、民法上の不法行為の責任を問えるようになるとして「実効性が高まる」と強調した。

続きを読む
dmenuニュースアプリダウンロードバナー
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る