文字サイズ

初動対応する病院に減収補償 厚労省、感染症法改正へ

共同通信
共同通信

 厚生労働省は19日、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の部会を開き、新型コロナウイルスのような新たな感染症の初動対応をする医療機関の減収分を補償する方針を明らかにした。事前に自治体と協定を結んだ公立、公的病院などに着実な患者受け入れを促す。今秋の臨時国会に提出予定の感染症法改正案に盛り込み、2024年度からの施行を目指す。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る