文字サイズ

2億円トイレ、1.5億円で落札 3回目、規模縮小し予定価格下げ

共同通信
共同通信

2025年大阪・関西万博で「2億円トイレ」として話題に上った名古屋市の建築家米沢隆氏設計のトイレ整備事業が、3回目の入札で落札された。13日までに日本国際博覧会協会(万博協会)が公表した。大阪市の建設会社で、落札額は初回の予定価格を約2千万円下回る1億5372万円(税抜き)。デザインは変えず延べ面積を縮小、便器の数も減らし、予定価格を引き下げた。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る