飛べないオオハクチョウ 保護は

結氷間近の留萌川 飛べないオオハクチョウどうする 市民「保護を」 行政「捕獲はリスク」

北海道新聞

■専門家「なるべく自然のまま」

 【留萌】本格的な冬が近づく中、渡り鳥のオオハクチョウ1羽が市内の留萌川にとどまっている。何らかの理由で、飛べないようだ。川が結氷する前に「保護してほしい」と地域住民が訴えるが、行政側は「無理な捕獲は致命的なストレスを与える原因にもなり得る」と慎重な姿勢。自然動物との関わり方の難しさがあらためて浮かび上がった形だ。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る