反捕鯨警戒 太地町に交番常設も

反捕鯨への警戒強化、和歌山 太地町の交番、常設化を検討

共同通信

 日本政府による国際捕鯨委員会(IWC)への脱退通告を踏まえ、和歌山県警が古式捕鯨発祥の地として知られる同県太地町での反捕鯨団体の違法な活動への警戒強化のため、イルカ追い込み漁の時期だけ警察官を配置している臨時交番の常設化を検討していることが21日分かった。

続きを読む

関連ニュースをもっと見る

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索