工業用水を住宅に誤接続 2年以上

古河市 工業用水 住宅に誤接続 1世帯家族6人 2年4カ月間使用

古河市は21日、市内1世帯の住宅の給水管に誤って工業用水道管が接続されていたため、家族6人が約2年4カ月間にわたり、工業用水を生活用水に使っていたと発表した。住宅に上水道管を接続する際、担当の職員が工業用水管を上水道管と誤認したのが原因。その後の水質検査でも見抜けず、気付くのが遅れた。因果関係は不明だが、家族が受けた健康診断で異常値が見つかっている。針谷力市長が同世帯を自ら訪問し謝罪。水道料金返還や補償について交渉している。同日開かれた市の定例記者会見で明らかにした。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る