文字サイズ

尼崎脱線 新施設で遺留品保管

尼崎脱線、新施設で遺留品保管 事故車両の前に献花の場も

 乗客106人が死亡した2005年の尼崎JR脱線事故で、JR西日本が、持ち主が分からない約1100点の遺留品を、24年秋までを目標に新たに整備する施設で保管し続ける方針を決めたことが23日、関係者への取材で分かった。新施設で事故車両を保存することは決まっており、車両を前に遺族らが献花や焼香をできる場もつくる方向で計画しているという。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る