文字サイズ

「20世紀最後の日」のタイムカプセル、開けたら悲劇 子ども1900人分のメッセージが劣化して読めず

区民から寄せられた収納品=いずれも中原区で(区提供)
区民から寄せられた収納品=いずれも中原区で(区提供)

川崎市中原区 区制50周年イベントで披露のはずが…

 川崎市中原区は16日、2000年に区役所に設置されたタイムカプセルの収納品が劣化し、当時の子どもたちから寄せられた約1900人の「未来へのメッセージ」が判読できないと発表した。9月の区制50周年記念イベントに向けた準備で区職員がカプセルを開封して分かった。屋外で結露や熱の影響を受けたとみられる。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る