文字サイズ

呉羽梨 収穫量が例年下回る恐れ

着果少なく また収量減? 呉羽梨、春の霜で打撃 あられ・ひょうで実に傷

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 富山市特産「呉羽梨」の今シーズンの収穫量が例年を下回る恐れがあり、関係者が頭を抱えている。2、3月に気温が高くなって開花が早まり、その直後に霜が降りて実がなりにくくなったためだ。あられやひょうが当たって実が傷つく被害もあり、例年に比べて収穫量が3割以上少なくなるとの見通しもある。県や農協は調査を進め、生産者に実の管理方法を指導していく。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る