文字サイズ
× 閉じる

書籍売りながらなんでも屋 広島

これが未来の「本屋」の姿かも?…書籍を売りながらよろず相談・なんでも屋、お薬待つ間に本選び 

まいどなニュース

重版率60%をたたき出す注目の出版社、ライツ社(兵庫県明石市)の代表大塚啓志郎さんに今春インタビューしたときだ。出版不況から町の本屋さんの苦境、そして紙媒体の今後を考えるとさぞしんどいだろう…と思いきや、明るい口調で言った。「本屋さんが本以外のものをバンバン売っていいし、書店以外でも本を売ったら、まだまだこの業界はいけますよ」。正直言うと、その時は(そうはいっても…)と思ったが、その後考えを変えた。本の可能性を信じる人たちを紹介する。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る