文字サイズ

園児30人が下痢や嘔吐 和歌山・海南、サポウイルス検出

共同通信
共同通信

 和歌山県は8日、同県海南市立きらら子ども園の0~5歳の園児30人が11月29日~今月7日に嘔吐や下痢などを訴え、うち5人からサポウイルスが検出されたと発表した。30人はいずれも軽症で快方に向かっており、県が原因を調べている。

続きを読む
dmenuニュースアプリダウンロードバナー
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る