文字サイズ

諏訪大社の御柱祭閉幕、長野 下社境内に17mの柱立つ

諏訪大社の御柱祭で、氏子のかけ声に合わせて立てられる柱=16日午後、長野県下諏訪町
諏訪大社の御柱祭で、氏子のかけ声に合わせて立てられる柱=16日午後、長野県下諏訪町

 長野県の諏訪大社で6年に1度開かれる「御柱祭」は16日、最終日を迎え、下社(同県下諏訪町)で行われた「建て御柱」で、境内に長さ約17メートルの柱が立てられた。下社の二つある社殿の一つ秋宮で、柱に乗った氏子の「ヨイトマケ」のかけ声に合わせ、2時間以上かけてワイヤを使って人力で引き上げた。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

地域 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

地域選択

記事検索

トップへ戻る