文字サイズ

「恨みはない。また全豪に戻りたい」ジョコビッチが退去騒動について心中を吐露。収監中のベッカーへの思いも語る<SMASH>

記者会見で、再び全豪でプレーしたいと希望を語ったジョコビッチ(右)。恩師ベッカー(左)の収監については「胸が張り裂けそうだ」と嘆いた。(C)Getty Images
記者会見で、再び全豪でプレーしたいと希望を語ったジョコビッチ(右)。恩師ベッカー(左)の収監については「胸が張り裂けそうだ」と嘆いた。(C)Getty Images

 現地5月27日に行なわれたテニス四大大会「全仏オープン」(フランス・パリ/5月22日〜6月5日/クレーコート/グランドスラム)の男子シングルス3回戦でアリアス・ベデネ(スロベニア/195位)を6−3、6−3、6−2のストレートで下し、同大会13年連続となるベスト16入りを決めた世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)。35歳の鉄人が今年1月に新型コロナウイルスのワクチン接種免除をめぐる裁判の結果、オーストラリアからの国外退去を余儀なくされ、世界規模の騒動となったのは記憶に新しい。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る