文字サイズ

巨人 今オフもFA補強「封印」か

巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

13日は4安打ポランコ(右は原監督)/(C)日刊ゲンダイ
13日は4安打ポランコ(右は原監督)/(C)日刊ゲンダイ

「そりゃあ、さしもの巨人も慎重にならざるを得ないだろ」

■2度の手術と一軍登板なし

 セ・リーグ球団の編成担当者がこう言った。12日に巨人の梶谷隆幸(33)が都内の病院で左膝半月板の手術を受けたとの球団発表を聞き、

「梶谷本人には申し訳ないけど、ある程度の予想はできた。2020年オフにDeNAから4年8億円の好条件でFA獲得したものの、DeNA時代から故障が多かった選手。案の定、巨人1年目の昨年は5月から太もも肉離れ、右手骨折、腰痛とトラブルが相次ぎ、10月には腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けた。今回が2度目の手術で今季中の復帰は絶望。20年オフにDeNAから一緒にFAで獲得した井納(翔一=36)も昨年はわずか5試合の登板で0勝1敗。今年はまだ一軍登板のチャンスすら与えられていない。さすがに巨人のフロントも、得意のFA補強に慎重というか、よほどの大物が出ない限り、封印するって雰囲気だよ」

 というのだ。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る