文字サイズ

中日・根尾昂が「二刀流」で成功するために必要なもの

中日の根尾昂,ⒸSPAIA
中日の根尾昂,ⒸSPAIA

プロ初登板も見えない立浪和義監督の意図

投手に似つかわしくない背番号「7」がマウンドへ向かう。どよめきと歓声が交錯する中、かつての甲子園優勝投手は投球練習を始めた。5月21日の広島―中日戦。広島が10―1とリードし、ほぼ試合の行方が決した8回、中日・根尾昂外野手(22)がプロ初登板するサプライズが待ち受けていた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る