文字サイズ

日本人柔道家の気遣いに海外称賛

日本人柔道家に海外感涙 負傷敗者にとった“一流の気遣い”に「泣いてなんかないさ」

THE ANSWER

女子78キロ超級決勝は日本人対決、歩けない敗者に勝者がとった行動とは

 東京五輪が迫る中、日本の女子柔道選手の行動が海外から称賛を浴びている。ブダペストで開催中の柔道世界選手権。12日の女子78キロ超級決勝は日本人対決となったが、勝った朝比奈沙羅(ビッグツリー)が負傷で歩けない敗者の冨田若春(コマツ)をおんぶして畳をおりた。国際柔道連盟公式ツイッターが動画を公開すると、海外ファンから「見習うべき模範」と絶賛されている。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る