文字サイズ

大谷の「格安契約」に米誌が注目

大谷翔平、2年9億円の“コスパ”に米経済誌が再注目 「MLBの世界で本当の格安契約」

フルカウント

大谷と共に2018年にメジャーデビューしたアクーニャJr.は8年111億円の契約

 エンゼルスの大谷翔平投手はここまで打者として67試合に出場し打率.272、両リーグトップタイの23本塁打、54打点、10盗塁の成績を残している。20日(日本時間21日)のタイガース戦では6戦6発となる23号2ランを放つなど、手が付けられない状態だ。米経済誌「フォーブス」は投打で活躍する“二刀流”を「MLBの世界において本当の格安契約」と特集している。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る