ほぼ座った状態の打者、米で物議

“ほぼ座った状態”の少年打者再び ストライク判定に納得いかない仕草で物議

フルカウント

“ほぼ座った状態”の構えが物議を醸したオルドネスが再び登場

 リトルリーグ・ワールドシリーズで“ほぼ座った状態”で打席に入る打者が登場した。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が映像を公開すると、インディアンスのヤシエル・プイグ外野手が試合で物真似をするなど、話題となっている。その打者が19日(日本時間20日)、再び“ほぼ座った状態”で打席に入った。リトルリーグ公式ツイッターが動画で公開している。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索