次を意識 内田ら語る鹿島らしさ

アジア王者になっても変わらぬ“鹿島らしさ”…2年ぶりの大舞台は“リベンジ”ではない?

SOCCER KING

「クラブ史上初のアジア王者」「20冠目の主要タイトル」――、そんな快挙尽くしの栄冠にも、当の選手たちは喜びに浸っている様子はなかった。今年11月、鹿島アントラーズはAFC・チャンピオンズリーグ(ACL)を勝ち抜き、悲願のアジア制覇を成し遂げた。チーム創設から25年、数多くのタイトルを積み重ね、節目の20冠目をビッグタイトルで飾ってみせた。約2週間後、準決勝で殊勲のゴールを決めた山本脩斗と内田篤人に話を聞く機会をもらった。すると、言葉の節々から他のクラブにはない“鹿島らしさ”を感じさせてくれた。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る
-