柔道は再選考?アンフェアの声も

柔道、代表再選考の可能性 全階級決定後に議論…選手からは「アンフェア」の声

スポーツ報知

 全日本柔道連盟(全柔連)が東京五輪の1年程度の延期を受け、代表の再選考を行う可能性があることが25日、分かった。既に男女14階級中、13階級が内定。残る男子66キロ級も全日本選抜体重別選手権(4月4、5日・福岡国際センター)を予定通りに最終選考会として実施するが、代表が出そろった後に改めて選考について議論する。日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は都内で取材に応じ、代表選考について各競技団体の判断を尊重する意向を示した。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る