文字サイズ

立ち上がれない源田に「グッときた」 目の前で受け止めた思い…コーチが信じる“変化”

Full-Count
Full-Count

西武・源田は執念のヘッドスライディングも実らず悔しさを露にした

 西武の主将、源田壮亮内野手は11日にベルーナドームで行われた広島戦で最後の打者となり、チームは1-2で敗れ8連敗を喫した。一ゴロに倒れた源田はヘッドスライディングで執念を見せたが間に合わず、しばらく立ち上がれずに悔しさを噛み締めた。その姿を間近の一塁コーチャーズボックスから見ていた赤田将吾外野守備走塁コーチは「アイツの悔しさは伝わりました」と回顧した。

続きを読む
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る