文字サイズ

森保J ぬぐえない危機感の正体

森保監督の著書を徹底解析して分かった、日本代表からぬぐえない“危機感”の正体「プロセスは明かさない」「絶対に許さないタイプは…」

Number Web

「森保さんって文系だよね」

 試合中にノートを取り出し、ペンを走らせる。日本代表の森保一監督のおなじみの姿は、まるで受験生のようだ。

 2014年12月。当時はサンフレッチェ広島を率いていた森保監督は『プロサッカー監督の仕事〜非カリスマ型マネジメントの極意〜』(以下、『プロサッカー監督の仕事』)というマネジメント本を世に送り出した(*森保監督の受け取るべき印税は、同年8月に発生した広島豪雨土砂災害の義援金として全額寄付)。そこには、その年の6〜7月に開催されたブラジルW杯に関する、以下のような記述がある。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る