文字サイズ
× 閉じる

松山英樹がぶ然 18番で大たたき

松山英樹 誕生日のラウンドは痛恨の“トリ”フィニッシュ

GDO

◇世界選手権シリーズ◇WGCワークデイ選手権 初日(25日)◇ザ・コンセッションGC (フロリダ州)◇7474yd(パー72)

ラウンドの終わり方が何せ悔しい。18番、1Wショットを左に曲げてアンプレヤブル、ドロップ後の3打目はフックがかかり切らずグリーン右サイドの池へ。5オン2パットのトリプルボギーフィニッシュに笑顔があるはずもない。松山英樹は「最後が全部悪かった。結果が全て」と憮然(ぶぜん)と自身のプレーを断じた。

続きを読む

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る