文字サイズ

5年連続30本塁打の巨人・岡本が3000万円ダウン 「中田翔を下回る年俸」に波紋が

AERA dot.
AERA dot.

 契約更改の査定は難しい。波紋を呼んだのが巨人の主力選手たちの推定年俸だった。

 今季は度重なる故障で83試合出場にとどまった坂本勇人は、固定制で現状維持の年俸6億円でサイン。23試合の先発登板で10勝7敗、防御率3.12をマークした菅野智之は1億円減の年俸5億円だった。大幅アップを勝ち取ったのが、中田翔だ。昨オフは1億9000万円減の年俸1億5000万円と大幅に下がったが、今オフは1億5000万円増の年俸3億円で3年契約を勝ち取った。109試合出場で打率.269、24本塁打、68打点と残した数字以上に貢献度が高い。前半戦に打撃不振でファーム降格を味わったが、フォーム改造を断行して復活した。インサイドアウトのスイングから粗さが消え、確実性が上がると打率が2割1分台から一時は3割近くまで上昇。8月上旬から打撃不振の岡本和真に代わり、シーズン終了まで4番を務めた。守備も一塁手部門で史上初となるセ・パ両リーグでゴールデングラブ賞を獲得した。

続きを読む
dmenuニュースアプリダウンロードバナー
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

くらしのランキング

powered by goo くらしのランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

注目記事

記事検索

トップへ戻る